津山洋学資料館

>
津山の洋学初期
>
宇田川準一

宇田川準一 ― 明治の初等教育に貢献、化学や物理の権威 ―

 

宇田川玄随肖像

宇田川準一

(うだがわ・じゅんいち)

1848(嘉永元)-1913(大正2)

宇田川興斎の長男として江戸で生まれ、津山藩の儒者昌谷精渓・千里に漢学を、坪井信良・川本幸民に洋学を学ぶ。維新後は、大阪理学校で理化学を専攻し、また、箕作秋坪の三叉学舎で英学を学んだ。

東京師範学校教員、群馬県師範学校教頭、参謀本部測量局員などを歴任し、著書に物理学の代表的な教材となった『物理全志』、『化学階梯』などがある。