津山洋学資料館

>
津山の洋学初期
>
服部秀民

 

→リンク

 

 
 
 
  休館日

 

 

服部秀民 ― 長崎へ遊学した医師 ―

 

服部秀民肖像

服部秀民
(はっとり・しゅうみん)

1793(寛政11)-1832(天保8)

勝北郡新野西上村(現在の津山市上村)の流郷家に生まれ、勝北郡上野田村(現在の津山市上野田)の服部辰右衛門為知の養子となる。24歳の時、外科修業のため長崎に遊学。のち帰郷して開業するが、39歳で没したため、秀民一代で医業は絶えた。