津山洋学資料館

>
津山の洋学初期
>
石坂桑亀

 

→リンク

 

 
 
 
  休館日

 

 

石坂桑亀 ― 足守藩医を勤めたシーボルト門人 ―

 

石坂桑亀

(いしざか・そうき)

1788(天明8)-1851(嘉永4)

 

久米北条郡境村(現在の久米郡美咲町境)の出身。初め京都の吉益南涯、大坂の華岡鹿城(青洲の弟)の門に入り、ついで長崎へ遊学してシーボルトの鳴滝塾に学ぶ。帰郷して福渡(現在の岡山市北区建部町)で開業し、のちに備中足守藩医となる。藩主に献策して藩財政の回復に努め、寵遇を受けたが、辞して倉敷に移り開業した。