津山洋学資料館

>
津山の洋学初期
>
牧穆中

 

→リンク

 

 
 
 
  休館日

 

 

牧 穆中 ― 箕作阮甫に学び、翻訳を業とする ―

 

牧 穆中
(まき・ぼくちゅう)

1809(文化6)-1863(文久3)

真島郡久世原方(現在の真庭市久世)の医師牧主計の子。江戸に出て箕作阮甫に学び、一時浜松藩水野忠邦に仕えたが、辞して江戸で開業。のち、横浜に移り、専ら翻訳を業とした。