津山洋学資料館

>
津山の洋学初期
>
宇田川興斎

 

→リンク

 

 
 
 
  休館日

 

 

宇田川興斎 外交文書の翻訳や交渉、開国後の啓蒙活動に従事

 

宇田川興斎
(うだがわ・こうさい)

1821(文政4)-1887(明治20)

美濃大垣の医師飯沼慾斎の三男で、宇田川榕菴の養子となる。のち、蕃書和解御用手伝となり箕作阮甫らと共に幕末の対米露交渉時に翻訳業で活躍。また、時勢を顧みて、英学に手をつけ、『英吉利文典』を著したほか、『万宝新書』・『山砲用法』等訳書も多い。幕末から維新期の約10年間は、津山北町に移り住んでいる。

宇田川玄真肖像
『英吉利文典』 安政4年(1857)
オランダ語で書かれたフェルガーニの英文典の翻刻版