津山洋学資料館

>
>
『一滴』第26号

 

→リンク

 

 
 
 
  休館日

 

 

『一滴』第26号

 

 

◆概要
500円
平成31年(2019)3月発行
204ページ

◆目次

点字以前 

 18-19世紀の日本における盲人の身体と文字表記技術の交差

木下知威 1

『泰西国法論』稿本他にみる西洋法認識の東洋的前提

 ―司法・治道・仁政ー

山口亮介 113

安積艮斉『洋外紀略』(漢文)の蘭・和・漢原本

 ―ヒュブナーの蘭書、箕作省吾の蘭書和訳、

                 漢籍『平夷策』他―

野村正雄 135

平成29年度企画展報告 

 箕作家の人々ー秋坪の4人の息子たちー

157

 和時計―西洋の技、日本の心―

161

 絵画史料に見る江戸の洋楽事始

167

 日本の化学の夜明けと津山の洋学者

173

南蛮通詞からオランダ通詞へと転身したころの、西吉兵衛蘇安の職務

土井康弘 204(1)