津山洋学資料館

>
津山の洋学初期
>
斎藤玄立

 

→リンク

 

 
 
 
  休館日

 

 

斎藤玄立 ― 岸田吟香の幼少期の師 ―

 

斎藤玄立

(さいとう・げんりゅう)

1822(文政5)-1902(明治35)

実は福渡村の御船清平の長男。西々条郡馬場村(現鏡野町)の斎藤藤十郎の養子となる。播磨の儒医の前田新に入門して医術の修業を始め、長崎にも遊学したという。修業を終えた後、母の郷里の中垪和谷村(現美咲町栃原)で医師を開業、その傍ら私塾を開き、子弟の育成に努めた。彼に学んだ内の一人が岸田吟香である。